製品紹介|ステンレスパイプ 溶接

溶接ステンレス鋼管は耐食性、耐熱性その他の機械的諸性質が優れていることから、各種化学工業用、高温高圧用、原子力用、極低温用および水道・屋内配管用等の装置・配管などに広く利用されています。当社で製造している溶接ステンレス鋼管の代表的な鋼種および特性は次表の通りです。

溶接ステンレス鋼管

溶接ステンレス鋼管
鋼管名 鋼種名 特性 用途
オーステナイト系
ステンレス鋼
SUS 304

一般の耐食性、耐熱用、低温用、溶接性良好。
304LはC量低下により耐粒界腐食性を向上。

低温および一般
SUS 304L 各種化学プラント
SUS 316

Mo添加により、耐食性、耐孔食性を向上。
石油化学、合成肥料、無機酸工業、低温用、原子力プラントなどに広く利用。

各種化学プラント
SUS 316L 各種化学プラント
SUS 310S

Cr、Ni量を増加。Siを添加し耐食性、耐熱性を向上。
石油化学プラントの加熱炉管や高温配管に使用。

高温
SUS 312L
(※NSSC 270)

海水および各種酸に対しすぐれた耐食性を示す。
SU316Lや二相系よりも対応力腐食割れ性にすぐれ、強度も高い。

耐海水性
高強度
SUS 315 J1
SUS 315 J2

耐酸化性を改良した高Si系耐熱材料。
溶接性、加工性が良く安価。自動車排ガス装置など各種機器の耐熱部分に使用。

高温
フェライト系
ステンレス鋼
SUS 409L

オーステナイト系に比べて耐食性等は多少劣るが、耐酸化性、耐高温ガス腐食性にすぐれる。

熱交換器
SUS 436L 熱交換器
SUS 444 自動車排ガス処理
オーステナイト・
フェライト系
ステンレス鋼
SUS 329J4L

SUS 316よりもすぐれた耐孔食性を示す。
通常のオーステナイト系よりも耐応力腐食割れ性を有し、強度も高い。

各種化学プラント

※新日鐵住金ステンレス株式会社の製品規格です。

本社
東京本社
東京都千代田区神田須田町1丁目24-4(アイセ神田ビル3F)
TEL 03-3254-2430 FAX 03-3254-2433

古河本社
茨城県古河市丘里3番2
TEL 0280-98-2468  FAX 0280-98-5675
営業本部
東京都千代田区神田須田町1丁目24-4(アイセ神田ビル3F)
TEL 03-3254-2430 FAX 03-3254-2433
大阪営業グループ
大阪府大阪市中央区高麗橋4丁目3-10(日生伏見町ビル新館6F)
TEL 06-6203-0201 FAX 06-6203-1055
北関東工場(古河地区)
茨城県古河市丘里3番2
TEL 0280-98-2472 FAX 0280-98-2477
北関東工場(野田地区)
千葉県野田市上三ヶ尾252-4
TEL 04-7124-6143 FAX 04-7124-6153
湘南工場
神奈川県藤沢市川名1丁目14-1
TEL 0466-25-7116 FAX 0466-25-7118